親知らずを抜くかどうかという判断基準

親知らずは必ずしも抜かないといけないものではなく、そのまま残すという判断をすることもあります。


では、どのようなケースであれば親知らずは残しても大丈夫なのでしょうか。

それは、歯としてちゃんと機能している場合です。


歯というのは、食べ物をかみ砕いて胃腸の消化を助けるという役割がありますが、親知らずが上下きちんと生えそろっている場合、強力な奥歯として機能します。
この場合は、抜いてしまうのはもったいないので残しておいた方がいいのです。

親知らずに関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

仮に虫歯になってしまった場合であっても、治療後に正常に使えているのであれば、やはり抜かずにそのまま使うという判断をしても問題ないでしょう。
では、残さずに抜いた方がいいという判断をした方がいいケースにはどのようなものがあるのかというと、やはり、歯としてまったく機能していないケースです。

ブログ情報を簡単に請求できます。

たとえば、上には生えているが下には生えていないという風に噛み合う歯がなく不完全な場合、また、上下生えていても、真っ直ぐ生えていないので噛み合っておらず、食べ物を噛むことが出来ない場合などがそうです。
こういったケースでは、たとえ虫歯になっていなくても残しておくのが無意味なので、抜いてしまった方がいいという判断になります。



ちゃんと生えている場合でも、何度も虫歯になって、その都度治療をするというケースでは抜いた方がいいでしょう。

このような歯をそのままにしておくと、知歯周囲炎を引き起こすことがあり、虫歯の痛みよりも激しい痛みに襲われることがあるからです。