TOP > 外国人技能実習はどの国の人達を受け入れたら良いのか

外国人技能実習はどの国の人達を受け入れたら良いのか

外国人の技能実習は主にアジアの国々の若い人たちを、日本の会社に受け入れて日本の優れた技術を学んでもらう制度です。
難しい面はありますが、成功すれば自社の発展につながる良い制度だと言えます。
一口に外国人と言っても、いろいろな国があるのでどの国の外国人を技能実習に受け入れれば良いのか迷われることもあるでしょう。

外国人技能実習生情報を厳選して紹介しています。

基本的にアジア人だったら、日本人と性格などが似ているので、技能実習に受け入れやすいと言えます。



温厚で、命じられたことはきちんとやり遂げる人たちが多いのです。

ただし、言葉は大きな問題で、できるだけ言葉を使って、意思の疎通がきちんとできる国の人達を受け入れた方が、技能実習はうまく行きます。

フィリピンは英語が通じる国なので、言葉の問題に頭を悩ますことは少ないことが多いです。

受け入れる側に英語ができる人がいたら、実習はうまく行く可能性があります。

英語と言っても完璧な英語をしゃべる必要はありません。



フィリピン人も英語のネーティブではないので、流暢な英語をしゃべれない人も多くいます。
完璧な英語ではなくても、こちらの意志をきちんと伝えられる英語だったら、実習を行っているときに困ることはほとんどありません。中国人も言葉は通じやすい人たちです。

漢字という共通の文化を日本人と共有しているので、こちらの意志を伝えやすいです。しかし、漢字は今の中国語と異なっている面もあるので、英語よりは意思の疎通が難しいことがあります。